うちの子、天才かもしれん。

おっとりタイプの年中の息子。幼児教育と育児日記。英語子育て、絵本、早期教育、プリント学習、ピアノなど。

スポンサーリンク

がんばる舎すてっぷの幼児用プリント教材を使用開始!口コミと評判

今回は、がんばる舎の「すてっぷ」という幼児向けの通信教育プリント教材の紹介をしたいと思います。

我が家では以前から1日約3枚プリント学習をしているのですが、追加で取り組むプリントを探していました。

スモールステップで、家庭で毎日数枚ずつ長く続けていけるようなものはないか探しました。

そして、毎日数枚、長く家庭で使えそうなプリントを見つけました!

それが、がんばる舎のすてっぷです。

がんばる舎のすてっぷ
がんばる舎のすてっぷ

がんばる舎のすてっぷ(幼児用)のシステムなど

1ヶ月分28枚のA4サイズの白黒プリントで、1か月700円。

DVDやおもちゃのような付録はなく、プリント教材のみのシンプルな通信教育。

毎月送付も可能だけど「1年まとめだし」でまとめて購入することも可能。
1日2枚のペースで1年分を半年でしてもいいし、 1日4枚のペースで3ヶ月で仕上げてもOK。

1年まとめ出しは12ヶ月分で7,700円。(1ヶ月分サービス)

ちなみに小学生になると教科書に準じた内容になるみたいです。

1日1枚だけのプリントじゃ物足りないとは思うのですが、メインを他の通信教育にして、サブとして使うのにはちょうどいい量と値段だと思います。

幼児版は1年ごとの対象年齢がありますが、どこから始めても大丈夫。
実年齢よりも前のところからでも、もっと先のところから始めても大丈夫。

しかも幼児向けとして小2程度の内容までプリントが揃っているので、自分のペースで進んでいって先取り学習することも可能。

がんばる舎の公式ページの「教材サンプル集」でサンプルを見ることができます。

がんばる舎幼児すてっぷのプリントの内容

書店で売っている、小学校お受験教材で有名なこぐま会のプリントに似ている印象を受けました。

がんばる舎すてっぷの幼児用プリント

我が家で以前から使っている七田式プリントの「ちえ」にあてはまる右脳型(図形・記憶・イメージなど)の問題も多いです。

▶︎関連記事「七田式プリントを実際に2年使った効果」

うちの子は七田式プリントのもじ・かず・ちえの中で「ちえ」が一番好きなので、その部分が充実しているのはちょうどよかったです。

もじの書き取りや、計算らしい計算はあまりやりたがらない子なので、それが全体量からすると少なめというのも我が家にはぴったりかな、と。

「言葉」「数・量」「図形」「記憶」「知識」「作業」とたくさんの分野がバランスよく1冊に入っています。
(書店で売っているドリルは「図形」なら図形だけ、というものが多いですよね)

ステップの特徴として、解答が充実しているというのがあります。
問題用紙と同じ大きさ・量の親向けの解答用紙があり、ここに重点を置いているのがわかります。
取り組む際の声かけの仕方や、普段の生活で気をつけるような事が書かれています。

がんばる舎すてっぷの「詳しい説明の入った親用プリント」
詳しい説明の入った親用プリント

「子供の勉強を見る」 と言っても何をしていいのかわからない方などとても良いガイドになると思います。
普段の生活で心がけることなどもよく書かれています。

中には問題用紙に質問が書いていないものもあり、それは親が質問を読むことになります。
幼児すてっぷは親と子が 一緒に取り組むもの、のようです。

がんばる舎すてっぷの幼児用プリント「きおく」
上が質問文のない「子供用」で、下が「親用」

うちはいつも親子で一緒にプリント学習をしているので問題ないですが、人によっては手間がかかると感じられるかもしれません。


すてっぷを使った4歳の子供の反応

最初、すてっぷ3(4歳児程度)とすてっぷ4(5歳児程度)のどちらにしようか少し悩みましたが、100点満点を取れるところからスタートできるよう、簡単めのすてっぷ3よりスタートしました。

がんばる舎公式ページより引用

がんばる舎の公式ページの「教材サンプル集」でサンプルを見ることができます。

普段、うちの子が気に入って使っている「幼児ポピー」はフルカラーで可愛いイラストも満載、シールもたくさんで子供を引きつけるような内容です。
関連記事▶︎「幼児ポピー「ポピっこ」年中あかどりを1年使った効果」

それに対して、すてっぷのプリントは白黒のみなので味気ないかな〜、あまりやりたがらないかな〜、と少し心配しましたが、大丈夫でした。

簡単なところからスタートしたのがよかったのか、1枚あたりさっと終わるからか、子供の反応はなかなか良かったです。

うちの子は親用の解答用紙を私が横で見ていると気になるようで、解答を覗き込んでくるのがちょっと難点でしょうか。

もちろん4歳児の内容なので、答えは解答なしでも分かりますが、一言アドバイスなどいいことが書いてあるので、事前にさっと目を通しておいた方が良さそうです。

順調に1日2枚のペースで続けられ、2週間で1月目の教材を終了しました。
子供に聞くと「続ける」とのことだったので、1年まとめ出しで注文しました。

幼児すてっぷ1年分
幼児すてっぷ1年分

1年まとめ出しだと途中で子供が嫌がってやらなくなってしまうと残りが無駄になってしまうので、悩むところなのですが、待ち期間なしに子供のペースで次に進んでいきたかったので、我が家は「まとめ出し」にしました。

もちろん1月ごとに送ってもらう方法もできます。

無料サンプルは1ヶ月分の実際のプリントがもらえます。

プリントが到着してから10日ほどの時間があるので、その間に実際に使ってみて子供の反応を見たりしながら、続けるかどうかを決めることができます。
(続けない場合は連絡が必要です)

ちなみに、私は申し込み前に質問があって、がんばる舎に電話問い合わせをしたところ、とても丁寧な、感じのよい対応をしてもらえて、安心感がありました。

「毎日プリント学習をする」という習慣を続けたいので、がんばる舎の幼児すてっぷは、他の教材と併用するのに丁度良さそうです。
気になる方は、初月無料で体験できるので、試してみてください。

▼がんばる舎幼児すてっぷの公式ページはこちら▼

がんばる舎の幼児・小中学生用の家庭学習教材


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ