うちの子、天才かもしれん。

おっとり、のんびりタイプの年中の息子。幼児教育と育児日記。英語、絵本、早期教育、プリント学習、ピアノなど。

スポンサーリンク

4年ぶりに夜間外出。子育て主婦に自由はない。

f:id:hatehateAsan:20180117225015j:plain

 

こないだの年越しの時、子供が生まれて初めてぐらいに夜間に外出しました。

 

子供が生まれるまでは、夜中に外を歩くということは普通のことで、「自由」だとも思っていませんでした。

「子育て大変」とは聞いていたけれど、こんなに自由がなくなるだなんて知りませんでした。

 

あまりにも久しぶりすぎてよくわからなかったです。

旦那さんの実家に帰省していたので、子供を寝かしつけたあと、もしも起きることがあればお義母さんにお願いして、夫婦で夜中に初詣に行きました。

 

近所の人が集まる神社だったので、そこで旦那さんのお友達と彼女にばったり会って一緒におしゃべりしながら初詣しました。

 

その時に、お友達の彼女に

「毎年ここに初詣に来てるんですか?」と聞かれて

「いや、私は5年ぶり。そもそも夜中に外出していること自体4年ぶりぐらいです」

と答えていたんですが、これって今から結婚するかもしれない20代の彼女に対して言っていいことだったんでしょうか?

愚痴ってるわけではなくて、ただ事実を伝えてるだけなんですが、結婚と子育てに対してマイナスイメージを与えてしまってないか、ちょっと心配です。

 

その時に「そうですよね〜。小さいお子さんがいるとね〜」って相槌打ってくれたんですが、私がその彼女と同じ歳で未婚で子どもがいなかった時、「子供がいると夜中に外出できない」なんてことはまで考えがいたっていませんでした。

 

以前 Twitter で

「子育てとは20年近い歳月をかけて、出産とともに失った自由を少しずつ取り戻していく作業である」

というような名言を見たことがあるけれど、それをすごく実感します。

 

子どもが幼稚園に入園して、少し自分の時間を持てるようになりました。

以前は、ブログなんて、とても書く時間がありませんでした。

今は子供が幼稚園に行っている間に家事をして、夜ご飯を作り、自分の時間も持ってリフレッシュしてから、子供を迎えに行けます。

やらなくてはいけない家事や、晩御飯作りがないので、迎えに行ってから寝るまでの間は、子供に向き合ってあげられます。

「外で遊びたい」と言えばできるだけ遊ばせるし、したいと言った遊びをさせてあげるように心がけています。

 

子供はかわいい。

 

でもやっぱり、幼稚園に入るまでの24時間育児って本当に大変だったなって思います。

フルタイムで働いているお母さんに比べれば、私はそんなに大変ではないのかもしれないけど、専業主婦のお母さんには24時間一人になれる時間もないし、それぞれの立場なりに大変なんだろうなと思います。

 

世の中のお母さん本当にすごい!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ