うちの子、天才かもしれん。

おっとりタイプの年中の息子。幼児教育と育児日記。英語子育て、絵本、早期教育、プリント学習、ピアノなど。

スポンサーリンク

子連れで太地町立くじらの博物館へ。イルカショーや餌あげ体験談

和歌山県の太地町にある「太地町立くじらの博物館」へ行ってきました。

というのも、最近うちの4歳の子供がお相撲と並んでクジラにも興味があるからです。
(お相撲観戦はこちらの記事▶︎「【当日編】子連れで相撲観戦(地方巡業)」

しょっちゅうクジラについて質問してくるので、夏休みはクジラに関するところに連れて行ってあげたいなと思って調べてみました。

すると太地町立くじら博物館では、クジラについての展示だけでなくイルカショークジラショーも見れて、餌あげ体験などのイベントもあるし、水族館も併設されているとのこと。

特急くろしお号に乗って和歌山県まで行ってきました。
くろしお号から見える太平洋がきれいでしたよ〜!

f:id:hatehateAsan:20180808132053j:plain

イルカショー

イルカショーでは4頭のクジラがショーをしてくれました。

太地町立くじらの博物館のイルカショー
太地町立くじらの博物館のイルカショー

イルカにタッチ

イルカショーの後に1人300円でイルカにタッチできるイベントがありました。
4歳の子供は怖がってやらないかなとも思ったのですが「触ってみたい」と言ったので参加しました。

近くで見てもとてもかわいい!

太地町立くじらの博物館イルカにタッチ

順番が回ってきたら、 やっぱりちょっとひるんでいましたが、勇気を出して触らせてもらいました。

ぬるぬるしていて冷たいのかと思いきや、意外につるつるしていて暖かかったです。
触った感じとしては茄子のような…。

持参したカメラで、記念撮影をしてもらえました!

太地町立くじらの博物館イルカにタッチ

他にもイルカのトレーナー体験(1人1000円)もできますよ。

クジラショー

イルカショーとクジラショーがほぼ1時間おきに、4回ずつ開催されています。
イルカショーの後はクジラショーへ。

水族館などでイルカショーはわりとあると思うのですが、クジラショーって珍しいですよね。

プールではなくて、海とつながった入江でのショーです。

太地町立くじらの博物館クジラショー

俊敏に動くイルカショーを見た後だったのでよけいに、顔が丸くて、体が重そうで動きがちょっと鈍いクジラたちがかわいかったです。

太地町立くじらの博物館クジラショー

餌あげ体験

クジラショーを見た後に、 餌あげ体験をしました。
1バケツ300円で、 家族みんなで楽しめます。

さっきイルカにタッチは出来た4歳の子供も、海の中から顔を出すイルカやクジラのことは怖がってしまって、直接あげるのはできませんでしたが…。

太地町立くじらの博物館イルカ

なんとピンクのくじらもいましたよ!(かわいいー!)

太地町立くじらの博物館ピンクのクジラ

白いハナゴンドウクジラらしいです。(一応「白」のカテゴリーのようです)

太地町立くじらの博物館白いクジラ

太地町立くじらの博物館白いクジラのポスター

クジラ、イルカたちの顔をとっても近くに見ることができました。

ここのクジラたちはショーなどもできるようにトレーニングされているみたいですが、餌あげの時にトレーナーの人たちがするようなサイン(指示)を出すのは禁止とのことでした。

他には
ビーチでふれあい(1人1000円)▶︎海の中に入ってイルカに触れるもの
カヤックアドベンチャー(1人1000円)▶︎カヤックに乗ってクジラのすぐ近くまで行って餌あげ
ふれあいスイム(1人5000円)▶︎イルカの背びれにつかまってイルカと一緒に泳ぐ
などのイベントにもここで参加することができます。

町立の施設なだけあって、とてもお手頃な価格設定だと思います。

海洋水族館(太地町立くじらの博物館の敷地内)

クジラショーエリアの近くに海洋水族館も併設されています。
珍しいアルビノの白いイルカも泳いでいました。

太地町立くじらの博物館白いイルカ 太地町立くじらの博物館白いイルカ

くじらの博物館

クジラやイルカの全身骨格標本が展示されていました。

太地町立くじらの博物館全身骨格標本 図鑑などで人と比べた場合の大きさなど載っていますが、やっぱり本物の大きさはすごく大きいです。

太地町立くじらの博物館

昔の人たちの捕鯨の様子なども展示されていました。
私の子供は、大きいクジラを捕まえる方法に興味を持っているようで、家にいる時から何度も質問されていました。
少しは彼の疑問の答えになったのでしょうか…。

ランチ(太地町立くじらの博物館の近く)

くじらの博物館の入場券の半券があれば再入場ができます。
道路を挟んだ向かいに「竹とんぼ」というセルフサービスの食堂があります。

店内は開放感たっぷりで、海の近くらしい雰囲気が良かったです。

うどん、カレー、かき氷といった食堂の定番メニューの他、まぐろ丼、くじら丼、くじら串カツといったご当地メニューも。

私はまぐろ丼を頼みましたが、他で食べるものよりも、2倍くらいまぐろのボリュームがありましたよ。

f:id:hatehateAsan:20180808133139j:plain

入場料:太地町立くじらの博物館

大人1500円、小中学生800円、幼児は無料です。

向かいの竹とんぼという食堂や、宿泊施設にも100円引きの割引券クーポンが置いてあると思います。

もしくは太地町立くじらの博物館のこちらの公式ページを、プリントアウトもしくはスマホ画面を提示して割引を受けることができます。

イルカショーとクジラショーの観覧、くじらの博物館や海洋水族館の入場はすべて入場料に含まれています。
(各種イベントは別料金)

駐車場は無料です。

【まとめ】

▶︎太地町立くじら博物館は、ちょこちょこイベントなどに参加していればほぼ1日楽しめる施設だと思います。

f:id:hatehateAsan:20180808133252j:plain

太地町立くじらの博物館パンフレット
太地町立くじらの博物館パンフレット

イルカやクジラとの距離がとっても近くて、親子ともに楽しめました!

太地町近辺のホテルは▶︎こちら
くじらの博物館の入場券付き宿泊プランのあるホテルも多数あります。
花游(かゆう)は、くじら博物館から徒歩圏です。

次回の記事でくじらの博物館のすぐそばのにある「くじら浜海水浴場」と「那智海水浴場」を紹介します。

なんと、くじら浜海水浴場では、クジラと一緒に泳ぐことができるんです!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ