うちの子、天才かもしれん。

幼児教育と育児日記のブログ。年長・男の子の英語子育て、通信教育、絵本、プリント学習、ピアノなど。

スポンサーリンク

幼児・子供向け無料英語学習アプリBritish Council【Learning Time with Timmy】

今回は 6歳くらいまでの幼児・お子さん向けの英語学習の無料アプリ(ゲーム)を紹介します。

【Learning Time with Timmy】

幼児・子供向け無料英語学習アプリBritish Council【Learning Time with Timmy】スクショ

(今回使用している画像は、「Learning Time with Timmy」アプリののスクリーンショットです。)

<年齢の目安>
非ネイティブ6歳以下、英語話者の場合は3歳以下が目安みたいです。

うちの5歳の子(幼児向けの単語はいくつか知っている程度の英語力)はすごく楽しんでいます。

British Councilの公式アプリです。
スマホやタブレットで使えます。(我が家はiPadタブレットで使用中)

British Council(ブリティッシュ・カウンシル)は、教育機会と文化交流を目指す、英国の公的な国際文化交流機関です。

英会話スクールやIELTS(アイエルツ)(International English Language Testing System)など試験を提供しています。
(British Council日本の公式ページより抜粋引用)

IELTSって日本でいう「TOEIC」みたいな英語テストなんですよね。
その試験を提供している機関が作っている幼児向けの英語アプリです。

Learning Time with Timmy(こひつじのティミー)

Learning Time with Timmy
New Skills(赤色のアイコン)

幼児・子供向け無料英語学習アプリBritish Council【Learning Time with Timmy】スクショ

「こひつじのティミー」のキャラクターと一緒に英単語を覚えていくアプリです。 1つのアプリで60以上の単語が覚えられるみたいです。

公式ページを見ると有料 360円〜410円となっているのですが今現在 アップルのApp Storeでは無料でダウンロードできました。

(無料なのは今だけかもしれませんので、ダウンロード前にご確認ください。
有料でも買い切りアプリでこの値段と内容なら、納得の内容です。)

アプリの中にはシンプルに3つのゲームだけが入っています。

1: Rub-A-Dub

最初はインクなど何かで画面が隠れているのですが、それを指でどけて中にあるアイテムの中から指定されたアイテムを選びます。

「Now find two erasers(2つの消しゴムを探しましょう)」などの指示が読み上げられます。

Learning Time with Timmy:Rub-a-dub画面

画像のものであれば「Two erasers」(二つの消しゴム)を選びます。

Learning Time with Timmy クリックするたびにone, two と読み上げてくれます。

2: Magic box

お片付けをする遊びです。

Learning Time with TimmyーMagic Box画像

画像のサンプルであれば、3つのバスケットボールゴールを右の「Sports」ボックスの中に片付けていきます。

3: I Spy

画面上部にあるアイテムを、下のイラストの中から探し出すゲームです。

Learning Time with TimmyーI Spy

探して指でタッチするとアイテムの名前を英語で読み上げてくれます。
見つけると、アイテムが消えて行きます。

Learning Time with Timmy



「Learning Time with Timmy」シリーズの、ほぼ同じ内容のアプリに、以下のものがあります。

【Learning Time with Timmy
Timmy’s Starting to Read】
(緑色のアイコン)

Timmy's Starting to Read

ほとんど同じですが、真ん中の「Magic box」の代わりに「Hatch Match」という神経衰弱ゲーム(絵合わせゲーム)が入っています。



【Learning Time with Timmy
First Words in English】
(水色のアイコン)

Timmy's First Words in English

ほとんど同じですが最後の「I Spy」の代わりに「Balloon Pop」というゲームが入っています。
流れてくるいくつかの風船の中の指定されたアイテムを選ぶゲーム。

3つのアプリのレベルの違いは正直よくわからないのですが、この水色のアプリ(First Words in English)が一番初心者向けになっている気がします。

Learning Time with Timmy(British Councilアプリ)の感想・子供の反応

「Learning Time with Timmy」は広告も出てこないですし、British Councilという公的な国際文化交流機関の出しているアプリなので安心して子供に使わせることができます。

イラストも外国らしくて今風でカラフルで可愛いです。

うちの5歳の子が使っている様子を見ると、最初わからなかった単語も、ネイティブの音声読み上げとイラストですぐに覚えるみたいで、次の日にはすぐに選べるようになっています。

ただ「I Spy」のイラストを探すゲームなど、英単語を無視してイラストを見つけるだけで正解になってしまうので、(英語の学習になってるのか親としては効果がわかりづらいので)単語を読み上げられたらリピートするようには言っています。

指示の英語(Now find two erasers(2つの消しゴムを探しましょう)など)は下に英文が出ていますが、多分子供は見ていません。

Learning Time with Timmy

でもリスニングだけで指示通りにできているみたいです。
「Now find two…(二つの…)」とアイテム名の読み上げの前に、画面に2つあるアイテムをクリックし始めたりして、集中して聞いているんだなーと思います。

正解すると(画面上で)「ステッカー」などをご褒美にもらえるみたいで、ステッカーが出てきたら喜んでいます。

「単語を覚えましょう」みたいな、いかにも学習ものではなくて、ゲームをしながら単語を覚えられるので、楽しそうですよ。

しばらく使っているとレベルが上がって、新しい単語も出てくるようになります。

British Councilの公式ページ(「こひつじのティミー」First Wordsアプリ)は
▶︎こちら

最後の方にAppleのApp Store、Google Play store、Amazon Androidアプリストアへのリンクがあります。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ