うちの子、天才かもしれん。

おっとりタイプの年中の息子。幼児教育と育児日記。英語子育て、絵本、早期教育、プリント学習、ピアノなど。

スポンサーリンク

主婦のTOEIC受験に向けての勉強法(目標約800点→900点)

今年の4月から久々に英語の勉強を再開しました。
英語の勉強を継続して英語力がついてきているのを感じると、TOEICで高得点が取りたいと思ってきました。

f:id:hatehateAsan:20181012153607j:plain

理由は以下の通り。

  • 子供の英語教育に良さそう。
  • 再就職するなら役に立ちそう。
  • 自信を持って「英語の得意な人」になりたい。

もちろん、子供に使う英語とTOEICの英語はちょっとジャンルは違うのですが、家庭内で英語で話しかけたりするのに、役立ちそうなので。

今すぐ再就職する予定はなくても、TOEICの点数は高い方がいいと思うし、試験などの目標があった方が勉強しがいがあるので。

大きな理由は上の3つなのですが、他にも考えることがあります。

このブログを開始してから子供の教育についてより考えるようになって、私の子供への教育熱が上がっている気がします。

それ自体は悪いことではないですが、 だんだんと自分自身が何か勉強したいと思っている気持ちを子供に投影しているのでは?という気もしてきました。

自分が勉強したいという気持ちを持っているのに自分では勉強しないで、子供に自分の希望を託して子供に勉強させるというような図式になってしまうのは危ないなーと思っています。

そういうのもあって、子供が幼稚園に通って私の勉強の時間も取りやすくなった今、自分の勉強したい欲を満たして、TOEIC再受験をするチャンスなのかなーと思っています。

ひとまず次回の受験でTOEIC850点以上、将来的には900点以上を目指しています。

子持ち主婦の方でもスキマ時間で実践しやすい英語の勉強方法を以下に紹介したいと思います。

スタディサプリENGLISH

4月から一番メインで英語の勉強をしているのはスタディサプリ ENGLISH というアプリです。(詳しくはこちらの記事

日常会話コースで半年勉強してきましたが、受験するからには点数を取りたいので、TOEICテスト対策 コースに変更しようかと思っています。

もちろん日常会話コースだけの受講でもある程度までTOEICの点数を上げるのは可能だと思います。

私がスタディサプリイングリッシュのTOEICテスト対策コースを受けたいと思ったのは、「神授業」と言われている関先生の授業のサンプル動画を見たからです。

すごくテンポもいいし分かりやすいし、面白い!!

「もっと関先生の授業動画を見たい!」

と思ったのが一番大きな理由です。
受講すれば、関先生の授業動画が140以上見られるみたいです。
(日常会話コースでは、関先生の授業動画はありません)

気になる方はYoutubeで「スタディサプリ 関講師」で検索してみてください。
サンプル動画が見れますよ。

TOEICテスト対策 コースは模試も受けられて、TOEICで点数を取るのに特化しているので、受験対策にぴったりのコースだと思います。

毎日勉強できて、授業動画も見られて月約3000円、1日あたり100円程で勉強できるならかなりお値打ちだと思います。


スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

多読リーリング

多読は英語学習者のために編集された簡単な英語の本を、とにかく辞書を引かずににどんどん読んでいくという方法です。

有名な所で▶︎Penguin Readers ▶︎Oxford Bookworms などのシリーズがあります。

たくさんの英語の本を読んでいるうちに、英語の読みの感覚が身についていき、スピードも速くなり、自然と語彙も増えている、などと言われています。

今の自分の英語力で辞書なしで無理なく読めるレベルというのを読んでいきます。

f:id:hatehateAsan:20181012153631j:plain

私が8年前に最後に受けた TOEICは、
リスニング425点
リーディング365点
合計785点でした。

リーディングが弱いんです。

リーディングが弱い人は「多読」がいいみたいなのです。

私は、英語の読書をほとんどしないまま来て、TOEIC800点ぐらいで伸び悩んでいるタイプだったので、多読がおそらく有効だと思って、読むようにしています。

逆にリーディングはできるけどリスニングの点数が低いというようなタイプの方は、 DMM英会話など、外国人の先生とたくさん話せる英語のオンラインレッスンなどを受講すると伸びると思います。
(リスニング力とスピーキング力が割と比例するので)

私の場合は、TOEICの点数アップにはあまり効果がなさそうなのでオンライン英会話の方法は省いています。

英語学習の一般図書

スタディサプリイングリッシュのアプリや多読だけでは伸びなさそうなところを Amazonなどで売っている本で補強したいと思います。

瞬間英作文トレーニング

何年も前からあるすごく有名な本。

「TOEICの点数は高いのに実際に話すとなったら全然話せない人」という風にはなりたくないので、会話力の実力をつけるためにこの本を使い始めました。

確かにとっても簡単な文でも、ぱっと言葉が出てこないということがとてもたくさんあります。脳トレ感はすごくあります。

TOEICテスト英単語出るのはこれ!

アマゾンの評価がとても良かったので買ってみました。
例文とともに単語を覚えていく単語集で、音声ファイルがダウンロードできるので音も確認できます。

TOEICのパート別に分かれていて、簡単なものから難しいものの順に並んでいます。
なので各パートの最後の数ページ分をプレイリストに入れて、再生して聞いています。

本だけ読んでいると眠くなるんですが、TOEICってビジネス英語に特化したテストなので、単語もやはりそれに合わせて覚えていくといいのかなと思っています。

【まとめ】

私が今TOEIC受験に向けてしている英語の勉強法を紹介しました。

TOEICを受験しないにしても、英語ができるようになると、映画や音楽も楽しめたり、ネット検索でも使えたりと、確実に楽しみの幅は広がりますね。

英会話スクールに通ったりTOEIC対策の塾に通ったりなどは、小さな子供のいる主婦としてはハードルが高いですが、今回紹介したようなやり方であれば家事と育児の間のスキマ時間を使って勉強を進めていけると思います。

英語の勉強をしたいなーと思っている方、一緒に頑張りましょうー!


スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ