うちの子、天才かもしれん。

幼児教育・中学受験(受検)・育児日記のブログ。小3と2歳の男の子2人の英語子育て、通信教育、タブレット学習、絵本など。

スポンサーリンク

「5円パート時給上げてあげる」と言われて辞めた話

「5円、時給アップ」って言われたら、どう思います?

「やったー!がんばりを認めてもらえた!ありがたい!これからももっと頑張るぞ!」

と思いますか?それとも

「え?5円?たったそれだけ?バカにしてる?」

と思いますか?

私はね、後者です。

今日は、保育園児と小学生の二人の子持ち女性である私の、仕事にまつわる体験をぎゅっと濃縮してお伝えいたします。

【目次】


20年以上時を遡るところからスタートします。
なんというか、高校生の頃って「正しいアルバイト」ができていたように思います。

どういうところが、というと、アルバイトの目的は「お小遣いを稼ぐ。そのお金で服を買ったり遊びに行ったりしたいし。」くらいの動機で、学校や友達が頭のほとんどを占めてる中、時間をお金に変換するって感じで、「言われたことをやる。できるだけ笑顔でいらっしゃいませって言う」くらいの感じ。

時給に対しても、最低賃金でも文句なしだし、時給が上がることとか特に期待していない。 私が高校生の時に働いていたところは、高校生にも最低賃金にプラス数十円してくれていたから「おいしいバイト」な方だった。

「これで経験を積んで今後に生かす!」とか「このお店が繁盛するにはどうしたらいいか考えて工夫する」とかは考えない。だって、バイトだし。

高校生の今だけ働くし、最長でも高校卒業したら、もちろん辞めるし、お店側もそう思っている。 という状態で、雇う側と雇われる側の思いの相違がなかったと思う。


はい、一気に20年くらい時を動かします。

私は、10年弱専業主婦をしていましたが、パートで働き始めることにしました。

ブランクありの子持ち女性の再就職は厳しいぞ、と言う話はちらほら聞いていたものの、割とあっさり仕事が決まりました。

以前20代の時に正社員で働いていた時の経験とか、主婦をしながらも勉強していたことをなどを生かして働くようなデスクワーク系です。

↓例えば、主婦しながら隙間時間で英語学習していました。

www.tensai-banzai.com

雇用形態は「パート・アルバイト」
家事育児との両立を目指しての私の希望です。

でもね、一度社会人を経験してるとね、もう「正しいアルバイト」ができなくなってた。

自然と「もっとこうすれば効率いいな」とか「会社の売り上げをあげるためには、こういうことしたほうがいいな」とかすぐ考えてしまう。

私よりそのジャンルで詳しい人が社内にいなければ、自発的に改善提案とかしてしまう。(そんなの求められてないかもね)

雇用形態は「パート・アルバイト」ではあるけれど、マインドが正社員みたいな感じに働いてしまう。

「今は、最低賃金プラス数十円だけど、こうやって頑張って働いて認めてもらって時給上げてもえばいいし。」みたいなことを勝手に思っていたんです。

一応、求人票にも「昇給あり」って書かれてたし、私が以前正社員で働いてた時も、そんな風に給料を上げてもらってきてたから。

がんばったから5円

定期的に面談があるので、しばらく働いてから相談してみたんです。
時給上げていただきたいです、という話を。

そしたらね、

「5円」

って言われたんです。時給5円アップ。

ごごごご、5円…ですかぁ!??

50円じゃないよ、5円だよ。
1ヶ月分で数百円の給与アップ。チャリーン。

2021年10月、最低賃金は全国平均で28円上がったけど、うち時給上がらなかったよね、ま最低ラインは超えてないからだけどさ。だから相対的に時給下がったみたいになってるよね。そんなご時世で5円なんだね、年5円時給上がるんだったら、定年まであと20年働いて、やっと時給100円アップだね。はっはっはっはっは。

この会社は、他のパートさんも時給は上がらない、上がっても5円くらいと言う話も聞きました。

だから、この5円は「評価しているよ」の5円なのかもしれない。

でもさ、

ごごごご、5円!!!!!

私は、この日の帰り道のことは忘れない。
後ろに子供が乗ってない軽いチャイルドシートをつけた自転車で、段差でバコってなる音を聞きながら、頭の中だけで留めて置けない気持ちをブツクサ言葉にしながら、保育園のお迎えのために子乗せ自転車で風を切った。

5円ってバカにしてんのか!?

小さい子供がいて急に休むかもしれないのに雇ってあげてるんだから、この時給でありがたく働けって思ってんのかぁ!?

子持ち女性が夫の扶養内でパートしてるんだから、時給は最低限でいい、これからもずっとって思ってんのかぁ!?

女性が多くて働きやすい会社って、会社が社会保険とか含め人件費ケチるために女性の社会的に置かれた状況逆手にとってるだけちゃうんかぁ!?

パートって…女性非正規従業員って…いや私ってこんな扱いなんだな。

ごーーーーえーーーーんーーーー!!!泣

この時給スタートってわかってて応募したのは私だし、勝手に「頑張って働いて認めてもらって…」とか思っててそうならなくて勝手にガッカリしてるのは私だし、会社が私をバカにしてるっていうより、私がバカなんだよ。わかってる、わかってるけど…!! 泣

今まで学校で学んできた専門的なこととか、正社員時代の経験とか、主婦しながらも隙間時間見つけて勉強してきたこととか、一体何だったの?

30代の今、経験や知識、技能を生かしながら働いてるつもりでも、「最低賃金プラス数十円」っていう「正しいアルバイト」をしていた高校生の時と同じ賃金で働き続けるしかないってどんなシステム!?

フルタイムじゃないと、急にそういう賃金システムになるの!?

5円事件を境に、私は一気に目が覚めた。
この会社にこれ以上いるのは、やめよう。

他にも、色々と以前から「え?」と思う小さなことがポツポツあったのもあるし、会社も私にいつ辞めてくれても構わないって思っている意思表示なのかな、とか思ったりして、もう、辞めよう。と思いました。

だって、絶対にやめてもらいたくないって思ってるスタッフに5円とか言わないでしょう。

パート、やめます。


難航する転職活動

で、その日の夜から私は転職活動を始めました。

以前の応募の時にあっさり決まっていたので、次もすぐに見つかるかと思いきや色々応募してみるも、なかなかスムーズにはいかず。



しばらく時給上がらなくても不満ないような最初から時給高めのパートがいいなぁ〜と応募し、見送られ…
リモートで派遣とかもあるのか、それもいいかな〜と応募し、見送られ…
ここ良さそう!おっと、30歳以下って書いてるのを応募直前に見つけ…応募せず…とかグルグル考え、応募し、見送られ…の繰り返し。

「パート、やめます。」とか頭の中では言いきったけども、まだやめてませんから。
次見つかってから、やめますから!
保育園通わせ続けたいんで、見切り発車でやめれませんから!!



はーーーー、どうしたもんかなー?
やめたい、やめたい、やめたい。けど、次が決まらん!

と考えていたときに

「リモートができる時短社員」という道を考え始めました。

リモートができて、時短だったら週5でも多分大丈夫だし、なんかやっぱり正社員の方がよくない?

と思い始めて、今までスルーしていた転職サイトに、勇気を出して登録。

これが、私の転機となったのでした。


こういうサイトって大卒の人が大企業に転職するときに使う転職サイトだと思ってたんで、私とか全然お呼びじゃないでしょう、とか思ってたんですが、私も、大丈夫だった…!

で、その転職サイトにエージェントサービスがあって、無料でカウンセリングしてくれるというので軽い気持ちでお願いしたんだけど、それもよかった!

自分の職務経歴に関する新しい視点もらえて、自分で思ってる強みと市場から見た強みは違うんだなぁとか、パァ〜!と視界がひらけた感じがあって、アドバイスを元に職務経歴書とか修正して、応募し始めました。

新しい仕事

↑こんなに輝いてません。※写真は理想イメージです。



私は今、新しい職場で働いています。

転職エージェントの求人票をみた瞬間に「これだー!」って思って応募したところで、ありがたいことに働けることになりました。

ちなみに今の仕事では
時短社員(子供の年齢に関係なく、希望すれば無期限。将来的にフルタイムも歓迎。)
リモートワークできる(コロナ関係なくこれからも)
企画も歓迎される(実際、入社してすぐに出した企画がもう実現してる!)

って、神!?神なの!?
めっちゃ快適なんですけど!!??

リモートできるって最高!
小学生の子供が熱出しても、仕事休まなくていいよ!見守りつつ仕事できるよ!

転職してみて、求められるレベルも高くなったと思うけど、でもそれに見合うように自分なりに学んだり、考えたり、提案したり、なんというか「仕事してる!」って感じで充実感があります!

仕事をしてないブランク期間が10年近い状態で今の会社に応募してたら 雇ってもらえてない可能性もあるし、パートを挟んだことで、子供いながら働くってことのウォーミングアップはできたと思う。

パートを選ぶ時、時給は低めでも、仕事内容に関しては経験になりそうなものを選んだので、それも転職する時の職歴のプラスにはなったし、パートの日々も無駄ではなかった!(と思いたい!)

20代正社員→結婚して専業主婦(仕事ブランク約10年)→パート→時短社員(今ここ)

という流れになっております。

定年60歳だとしたら後まだ20年くらいあるので、どうせ働くなら面白く仕事がしたいし、がんばろ。

期待して見送られ…数ヶ月かかったけど、「自分に合ってる!」と思える職場に転職できて、転職活動続けてほんとよかったと今は思っています。

あ、時給じゃなくて月給になりましたが、時給換算だと年5円昇給で20年かかる(=時給+100円)以上はアップしたので、めでたしめでたし!です。20年分以上ワープして一気に昇給したようなもんだな。

とはいえ、私が20代の正社員の時の給与にはなかなか及ばず、日本の男女間賃金格差とか、そういう「世間の相場」は反映されてる感じはあります。
自分がブランクあり、小さい子供あり、フルタイムでは働けないけど仕事を探す立場になって、ジェンダーギャップとか実感を伴って感じるようになりました。

もう十分長い話書いたんで、もうこのあたりで切り上げますが!

そんなわけで4年以上コンスタントに書き続けてきたブログですが、ちょっと書くスピードが落ちております。

仕事に慣れて余裕が出てきたら、書きたいな、とは思ってるので、また読みにきてくださると嬉しいです! では!

(※ 色々毒吐きましたが、前の職場の特定の個人に対して文句言いたいとかそういうのではないです。
社会的な相場にそって会社がこのような賃金システムに落ち着いているのだろうということもわかります。
厚生労働省の「短時間労働者の均衡処遇に関するガイドライン案」に書かれているような「パート社員も企業の重要な一員。働きに応じた公正な処遇を」というようなことを私は言いたいです。)

【関連記事】

www.tensai-banzai.com

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ