うちの子、天才かもしれん。

幼児教育・中学受験(受検)・育児日記のブログ。小3と2歳の男の子2人の英語子育て、通信教育、タブレット学習、絵本など。

スポンサーリンク

子ども新聞「NewsPicks for Kids」を購読した感想

オンライン経済メディアNewsPicks(ニューズピックス)が子ども新聞「NewsPicks for Kids」の発行を開始しました。

我が家でも夫が申し込んで購読を開始し、創刊号が届いたので内容をレビューします。

NewsPicks for Kids の概要

・16ページのタブロイド判、月刊。
・対象年齢:8〜13歳
・連動した4分の動画もあり。動画は無料で▶︎公式サイト:新番組『キッズTV』で見られます
・1年契約で10号を1万円(税込)のサブスク。詳しくは▶︎公式サイトで。

NewsPick for Kids創刊号

NewsPicks for Kidsの特徴

海外ニュースがメイン

『The New York Times For Kids』の翻訳記事が約半分を占めていて、印象としては 英字子供新聞の翻訳抜粋版という感じ。
海外ニュースを子供に身近に感じてもらいたい場合は良さそう。

デザイン・イラストが可愛い

大人から見ても可愛いしオシャレな紙面になっています。
見てるだけでもワクワクしてくるかわいさ。私はとても好きです。

ポスター的に壁に飾ってもかわいいし、裏表紙に塗り絵もついているので、塗り絵が好きな子は楽しめそうです。

NewsPicks for Kidsの残念なところ

海外情報がメインすぎて身近な感じはしないかも

「子どもオピニオン」という子供の意見を載せるページも翻訳のみ。
アメリカの文化的背景の解説がなかったら、わかりにくいのでは?という部分もあるように感じます。

今後、NewsPicks for Kidsの日本の読者からのお便りが届いて、それらで構成できるようになったら、もう少し変わるかもしれないので今後に期待。

ボリュームが少ない

1号16Pで月1000円(税込)と考えると、正直高めだと思います。
しかも年間サブスク。

他社の大手の子ども新聞、例えば、▶︎読売KODOMO新聞 だと、20ページオールカラーで、毎週届く。
1ヶ月あたり80Pのボリュームがあって1ヶ月550円(税込)なので、こちらの方が断然コスパがいい
ですよね。

中学受験することがはっきりしているのであれば、中学受験を意識して作られている▶︎読売KODOMO新聞 の方がより直接的な学習効果は期待できそうです。

うちは、夫がNewsPicks好きで、このNewsPicks for Kidsの「世界の経済ニュースのメディアが発行している子ども新聞」というところなどにも期待して(独断で)申し込みをしていたので、あと1年は購読します。

対象年齢8〜13歳ってことで、対象年齢の一番下にあたる小3の息子ですが「面白い!」と言って読んでいました。気に入ったようです。イラストも多めで、そんなに背伸び感なく読める印象です。

大手の子ども新聞が学習っぽすぎてお子さんが興味持たなかったケースだと、NewsPicks for Kidsならかわいいグラフィックメインで新聞というより雑誌に近い感覚で読みやすいかもしれません。

NewsPicks for Kids公式ページ
▶︎https://kids.newspicks.com/


www.tensai-banzai.com

www.tensai-banzai.com

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ