うちの子、天才かもしれん。

おっとりタイプの年中の息子。幼児教育と育児日記。英語子育て、絵本、早期教育、プリント学習、ピアノなど。

スポンサーリンク

【1年経過】ピアノオンラインレッスンを1年受講した口コミ体験談

今4歳の息子がカフェトークというサイトを通じてオンラインでピアノレッスンを始めてちょうど1年になります。

最近のピアノレッスンの状況など記録しておこうと思います。

以前の記事でオンラインピアノレッスンの内容やメリット・デメリットは詳しく紹介したので今回の記事では割愛します。

詳しくはこちらの記事をどうぞ▶︎「ピアノオンラインレッスンをカフェトークで半年受講をした体験談」

去年の8月からリトミックを中心としたレッスンを始めました。
最初のうちは、25分のレッスン時間のうち、最後に少しだけピアノを触るような感じでした。

4月に年中さんに上がる頃、「ぴあのどりーむ1」というテキストに沿ってピアノを弾く練習を本格的に始めました。

そして、先日「ぴあのどりーむ1」を終了し、楽しみにしていた「ぴあのどりーむ2」に入りました。

ぴあのどりーむ1と2

ピアノを弾いている子供の様子

以前はピアノの練習を嫌がったりすることも多かったのですが、以前記事でも紹介したような方法などで、なんとかピアノを弾くことを日課にすることができました。

(詳しくはこちらの記事▶︎「【解決済!】ピアノの練習を嫌がる子供をその気にさせる方法」

曲らしい曲も弾けるようになってきて、本人も楽しいようでピアニストっぽく体を揺らしながら、リズムにのって演奏しています。

f:id:hatehateAsan:20180810130246j:plain

ぴあのどりーむというテキストを使っているのですが、イラストもすごく可愛いし、子供も気に入っています。

スモールステップで少しずつ曲が難しくなっていくので、今のところ私もついていけています。

私はピアノを習ったことがない素人ですが、このテキストに沿って子供と一緒に弾いていけば、私もピアノを弾けるようになるんじゃないかと期待しています。

テキストの巻末にシリーズの表紙と掲載曲が載っているのですが、 それを見て息子も次のテキスト(好きなキラキラ星の曲が載っている!)に進むのを楽しみにしていました。

1日5分〜10分程度しか練習の時間は取れていないのですが、まだ簡単な曲だからというのもあって、レッスン毎に1〜2曲合格して次に進めているので、良い調子だと思っています。

ピアノレッスン:通学 or オンライン

最近、同じ幼稚園のピアノを習っている子のお母さんに、今どういう曲をしているのか見せてもらったところ、すごく本格的な曲を弾いていてびっくりしました!

もう今の私では弾けないような、難しい曲でした。
違う先生に習っているし、テキストも別のものだし、子供も違うし進度が違うのは当然なんですが。

近所の子はその先生のところに習いに行ってる子が多いみたいです。
発表会もあるので、後から入ってきた子が先の曲をやっているなども、わかるみたいです。

それはそれで、他の子と比べてしまったりしそうで複雑かなと思いました。

子供自身だけでみれば1年前とは比べ物にならないくらい成長しています。

オンラインだと先生と自分の子供だけなので、我が子の成長だけに目を向けて喜んでいられるので、その点はいいなぁと思いました。

発表会

f:id:hatehateAsan:20180810130316j:plain

ピアノのオンラインレッスンだと発表会もないな〜と最近気づいたのですが、 発表会に参加するのに月謝とは別に出演料1〜2万円程度がかかることも多いみたいですね。

ピアノを自在に弾けるようにはなってほしいけど、そんなに発表に対してお金をかけたくない我が家としては、発表会がないのはむしろラッキーでした。

今はたまにおばあちゃんなどに「発表」して、褒めてもらえればOKかなぁと思っています。将来的には、コンクールなどに個人で参加してもいいですしね。

音感

ちょっと話はそれますが、先日子供がピアノで遊びながら「これ救急車の音」と言って弾き始めました。

ビデオに撮ったその音と、後でYouTubeにあった本物の救急車の音を聴き比べてみたら、ぴったり同じ音でした!

うちは絶対音感をつけるのはトレーニングをやりきれなくて諦めたのですが、相対音感は多少はついてきているのかもしれないなぁと思いました。

くわしくはこちらの記事▶︎「絶対音感を子供につけさせるトレーニング:参考本と体験談」

【まとめ】

他の子と比べればゆっくりですが、うちの子だけで見ればこの1年ですごくピアノが進歩しました。

本人もピアノを楽しそうに弾いていることが多くて、それを見ると「始めてよかったなぁ」と思います。

先生がピアノだけでなく子供のことをよくわかってくれるとても良い先生なので、安心してお任せできています。

先生との連弾などはできないですが(交代ならできます)、オンラインでのピアノレッスンの受講は、やはり親子ともに楽ですよ。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ