うちの子、天才かもしれん。

おっとり、のんびりタイプの年中の息子。幼児教育と育児日記。英語、絵本、早期教育、プリント学習、ピアノなど。

スポンサーリンク

幼児ポピー「ポピっこ」を実際に1年使った効果:口コミレビュー

息子が年少の4月から幼児ポピー(あかどり)を使っています。
約1年実際に幼児ポピーを使ってみてわかってきたメリットやデメリットなどを紹介しようと思います。

f:id:hatehateAsan:20180215203218j:plain
幼児ポピー「ポピっこ」あかどり(年中コース)

前回の記事でも紹介しましたが、息子は2歳4ヶ月から七田式プリントを使っています。

学習習慣もつき、満足していましたが、土日も進めていくと8ヶ月で1セットが終わってしまうこともあり、追加で幼児教材を探していました。


ポピーとは?

「ポピー」かなり有名ですよね。
幼児から中学生のための家庭学習教材です。 私たち親世代も子供の頃にやっていたとか、友達がやっていたというような方も多いのではないでしょうか。
もう40年以上も続いているそうです。

幼児ポピーは、以下の3点が毎月送られてきます。

  • わぁくん(読んだり体験したりのワーク)
    オールカラー AB判 35ページ・シール付き

  • ドリるん(書き込み式のドリル)
    オールカラー AB判 42ページ・シール付き

  • ほほえみお母さん&お父さん(おうちの方向け情報誌)
    B5判 20ページ

この他に、以下の2点が4・7・10・1月に届きます。

  • きせつしんぶん
    オールカラー B3判 カラー両面刷り

  • 特別教材の付録 (親子で楽しめるカードゲームや、簡単に作れて遊べる工作など)

その他にも教育相談サービスなども受けれます。



幼児ポピー「ポピっこ」のメリット・いい点


季節や行事を感じる内容

f:id:hatehateAsan:20180215203357j:plain 幼児ポピーは何月号というのが決まっています。
ドリルの内容もその月にあわせて工夫されており、行事に親しんだり季節を楽しんだりできるのが一番良い点だと思います。

年に4回、「だんごむらだより」というポスターのようになった「きせつしんぶん」の付録が届きます。

そこで、季節の草花などを、実際に見つけたら「はっけんシール」を貼るというものがあります。

f:id:hatehateAsan:20180215203418j:plain
だんごむらだよりのあき号。すすき、あかとんぼ、いなほ、など実際みたのでシールをはっています。

これをあらかじめ見てから子供とお散歩していると 、季節の草花などに気がつき、お散歩がより充実したものになります。

家に帰ってからはっけんシールを貼って子供と一緒に「今日はこれを見たね」とか「まだこれは見つけていないから今度探してみよう」などと話しています。

ポピーの付録がきっかけになって、身近な環境の中の自然物に私も目を向けるようになりました。

ドリルの内容でいえば、12月号では、サンタさんが迷路を通って子供たちのところにプレゼントを届けに行く、というようなものがありました。

f:id:hatehateAsan:20180215203449j:plain
幼児ポピーあかどり12月号サンタのめいろ

ただ単純に迷路をするだけではなくて、季節の行事も感じられ、それぞれの家にプレゼントを届けるためにシールを貼っていく、というストーリーにもとても楽しそうに取り組んでいました。

その他にも、運筆の練習も、ただ単に線をなぞるというのではなくて、こまがくるくると回っている上をなぞる(1月号)というように、季節と合わせて、子供が楽しんで運筆練習に取り組めるように工夫されているなと感じます。

f:id:hatehateAsan:20180215203515j:plain
幼児ポピーあかどり1月号 お正月にちなんで「こま」で運筆の練習

余計なふろくやDVDが付いていない

我が家はテレビなし育児の影響:テレビを一切見ずに4歳になった息子の記事でも紹介しましたように、テレビを見せずに育てていました。
ですので、DVDが付いている幼児教材は、早い段階で比較から外しました。
プラスチックのかさばるおもちゃなども、ない方が良かったので、私にとってはDVDとおもちゃが付いていないというのはメリットでした。


月会費980円と続けやすい値段

幼児ポピーはどの学年も税込980円です。

クレジットカードで一括支払いをすると、割引価格(年払いは約5%、半年払いは約2.5%割引)で利用できるのでお得です。

一括払い後に、途中解約した場合でも、割引の適用はなくなりますが、受講していない分の月会費は返金してもらえます。

余計なおもちゃやDVDがない分、続けやすい値段になっているようです。


体を動かしたり、実体験の遊びの提案をしてくれる

幼児ポピーには「ドリるん」という机に向かって取り組むドリルがありますが、それとは別に「わぁくん」という36ページの冊子もついてきます。

こちらは、体を動かす遊びの紹介だったり、鏡を使った遊び、かげや、きりえや手品など学習とは違った遊びの要素のある物が紹介されています。

f:id:hatehateAsan:20180215203549j:plain
体を動かす遊びの紹介。これは親も楽しい。

f:id:hatehateAsan:20180215203638j:plain
かげえ。外を歩いているときも「犬」のかげえをするようになった。

f:id:hatehateAsan:20180215203701j:plain
みかんの皮で遊ぶ。みかんの皮むきも形をつくって楽しむようになった。

f:id:hatehateAsan:20180215203732j:plain
おちばシールで動物をつくる。実際の落ち葉でも形をつくって遊ぶようになった。

「わぁくん」で見たことがきっかけで、実生活での遊び体験がとても豊かになりました。

雨の日や土日などに「わぁくん」を眺めていると、子供が「やりたい」となって一緒にお家で遊べたりして、役立っています。

前回紹介した七田式プリントが
「英才教育、早期教育を特色としたお勉強系の私立幼稚園」とするならば、
幼児ポピーは「のびのびと遊んで楽しみ実体験をつむことを大事にする公立幼稚園」のようなイメージです。

机に向かう学習だけではなく、自然物を見たり工作をしたり、科学や理科の基礎になるような遊びを提案してくれます。

口コミを見ていると、Z会の「ぺあぜっと」も親子での体験や実験を大事にしているようで、幼児ポピーの「わぁくん」の内容に近いかもしれません。
Z会 幼児コース


絵が可愛くてフルカラーで楽しい

幼児ポピーの絵がとても可愛くて、子供が惹きつけられています。 楽しく、遊びのような雰囲気で学習に取り組むことができます。


難易度はやさしめ

学年通りのものを選べば早生まれの子でも全く問題なく学習内容についていける内容だと思います。

ちなみに幼児ポピーは実際の学年よりも上のものを選ぶことも可能です。

息子は年少の4月にポピーを始める1年前から、七田式プリントを使っており、ひらがながすべて読めるようになっていて、数も100まで数えられるようになっていました。

ですので、無料サンプルで内容を確かめてから、年少(きいどり)の学年ですが、年中コース(あかどり)を頼みました。

幼児ポピーの年中コースでも七田式プリントBよりも簡単なので、子供にとって、幼児ポピーは息抜きの楽しいゲームのような位置付けになっています。

それまで家庭学習を特にされていない方は学年通りで問題ないと思います。

簡単すぎると、あっという間に1ヶ月分が終わってしまうと思ったので、私は少し難しいくらいを期待して年中コースを選びました。難しくもなく、ちょうどよかったです。

どちらの学年のコースにするか迷われたら無料サンプルで一つ上の学年のものを頼んでみて、子供が実際に使っている様子をみて決められると良いと思います。



幼児ポピー「ポピっこ」のデメリット・残念な点


学習ペースがつかみにくい

幼児ポピー「ドリるん」は「ことば」「もじ」「かず」「ちえ」のすべてが、42ページの一冊のドリルになっています。

1ページで終わる問題もあれば、2ページ見開きの問題もあります。

f:id:hatehateAsan:20180215204029j:plain
1ヶ月分のあかどり「ドリるん」もくじ

大体30くらいの問題がありますが、1日に進める量が決まっておらず、そして楽しいので、1日〜数日で一気に終わらせてしまうという状況がになりがちです。

親が一日何ページなどと決めて守らせないと、このドリルを一か月間かけて使うというのは難しそうです。

1枚ずつ取り外したりはできない冊子になっているので、子供も他のページを見たくなるし、面白そうな問題ばかり先にやりたがったりすると思います。

f:id:hatehateAsan:20180215204058j:plain
「ドリるん」と「わぁくん」の綴じ。1枚ずつ取り外したりはできない。

この点は前回紹介した七田式プリントは、1日の量がはっきりと決まっているし、その日使う部分だけを子供に渡すことができるので、やりすぎることもないし学習習慣はつきやすいと思います。

私は学習習慣をつけることに関しては七田式プリントをメインにしていたので、幼児ポピーはあくまでもお楽しみ用と思って使い始めました。

七田式プリントの少し難しい問題が終わってから、最後に1ページだけお楽しみとして幼児ポピーをするとか、土日は幼児ポピーをするというように、ある程度調整しながら使用していました。

幼児ポピーで学習習慣をつけるには、親の調整が必要です。


始めるのはいつがいいの?

4月号から開始されることをお勧めします。
何月号からでも開始できますが、我が家は年少の4月から開始しました。

幼児ポピーはプラスチックのおもちゃの付録などはありませんが、 きせつしんぶん、特別教材の付録が4・7・10・1月に届きます。

4月からだと付録ももらえるし、学習内容も4月号を1つめとして毎月それに積み上げていくような内容になっています。

例えば数の問題であれば毎月ひとつずつ上の数字を勉強するようになっていて12月号に「8」1月号に「9」というように少しずつ難しくなっていきます。

途中からだと急にちょっと難しいところから始まることにもなるので、やはり4月号からがおすすめです。

今無料サンプルを取り寄せれば、子供が実際に取り組む様子をみてから申し込んでも、4月号に間に合いますね。

無料サンプルは結構ボリュームもあって、シールを使うアクティビティもあったりして、入会しなかったとしても、これをもらうだけでもかなりお得かなと思います。

私は無料サンプルを子供がすごく楽しんで使っていたのを見て、すぐに幼児ポピーの申し込みを決めました。

【まとめ】幼児ポピーは季節を感じながら、楽しく学べるいい幼児教材

いかがでしたか?

幼児ポピー「ポピっこ」あかどり を実際に1年使ってみて、以下の点でとてもいい教材だと思いました。

  • 季節や行事を感じる内容
  • 余計なふろくやDVDが付いていない
  • 月会費980円と続けやすい値段
  • 体を動かしたり、実体験の遊びの提案をしてくれる
  • 絵が可愛くてフルカラーで楽しい
  • 難易度はやさしめ

うちは、季節を感じれて総合的な実体験の提案をしてくれる幼児ポピー「ポピっこ」と、お勉強系の七田式プリントとの、コンビネーションがちょうどいいと思っています。 これからも使っていきます。

月会費980円で、量も多すぎないので、他の幼児教材を使っていらっしゃる方も、追加で取り組みやすいと思います。

ご興味があれば無料サンプルだけでも是非取り寄せてみてくださいね!


家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ