うちの子、天才かもしれん。

幼児教育・中学受験(受検)・育児日記のブログ。小2と2歳の男の子2人の英語子育て、通信教育、タブレット学習、絵本など。

スポンサーリンク

【無料】おりがみで学ぶ図形パズル:ドリルレビュー・口コミ

中学受験予定の家庭で人気の「天才パズル」の兄弟ドリルである「おりがみで学ぶ図形パズル」がキンドルアンリミテッドで今、無料になってるってご存知でしたか?

おりがみで学ぶ図形パズルをタブレットで

きっかけは、うちの子が最近塾で受けたテスト結果から、伸び代があるのが「この図形はタイル何枚分ですか?」のような「タイル系の図形問題」だと思いまして。

今までもよく間違えていたので、ここを補強したいと思って、どんな教材がいいかなー?なんて考えていたら、「おりがみで学ぶ図形パズル」が我が家も利用している▶︎Kindle Unlimitedで無料なのを発見!

アマゾンのページだと中身のサンプルイメージがあり、問題の内容や誌面構成を見られます。

早速ダウンロードして、子供と試してみました。

この「おりがみで学ぶ図形パズル」は、ドリルに直接書き込む内容よりも、「この図形をおりがみで作るにはどうしたらいいだろう?」などの出題を読んで、実際におりがみで作った後に次のページをめくって答え合わせをする、というドリルというよりも問題集に近い内容になっているので、タブレットでKindle Unlimitedで読むのにちょうどよかったです。

おりがみで学ぶ図形パズルをタブレットで学習中

うちは、まだ最初の方しか取り組めていませんが、最初のあたりであれば幼稚園くらいの子からでも取り組める内容だと思います。

最後の方は、面積を求めたり、面積を分数で表したり、角度を学んだりなど、この本の対象が「小学校全学年」と書かれている通り、中学年以上でも手応えのありそうな問題も載っていました。

うちの子は小2ですが、ちょっと迷いながら、おりがみを実際にくるくると回してパズルのようにはめて答えを見つけたりと、手を動かして作業するのがちょうどいいようです。 試行錯誤しているのがわかります。

「おりがみで学ぶ図形パズル」を終了、もしくは簡単すぎる場合は続編として、「切りがみで学ぶ図形パズル」があります。

小学3年生以上が対象の「切りがみで学ぶ図形パズル 」もKindle Unlimitedで無料!

こういう問題、うちの子苦手なんですよ〜!

「折り紙を折って、ハサミで切った形はどれになる?」といった問題をドリルで解くとわからないみたいで、けっこうと間違えるんです。

で、そういうドリルって「わからなかったら(間違えたら)実際に紙を折ってみよう」とかおまけみたいに書いてるんですが、もうすでに「間違えた」って子供思ってしまってるんで「間違い直しなんかしたくないぜ」みたいになっちゃうんですよ。

だから、最初から「おりがみを折って切って作ろう」が問題になっている方がきっといいはず。

▶︎キンドルアンリミテッドは、30日間無料体験キャンペーンがついていて、その間に解約すれば0円で本を読むことができます。

「おりがみで学ぶ図形パズル」は買った場合、1100円なので、キンドルアンリミテッドで読む方が絶対にお得です。

キンドルの端末を持ってなくてもスマホやパソコン、タブレットでも読めます。

同じシリーズの「強育パズル ビルディングパズル」や、


「天才ドリル 平面図形が得意になる点描写 線対称 【小学校全学年用 算数】」 もキンドルアンリミテッドの読み放題対象です!


▶︎キンドルアンリミテッドは、現在無料読み放題の対象になっている本でも一定期間後に、有料に戻ることがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

2021年12月2日まで3ヶ月利用で2,940円のところがたったの99円になる 「Kindle Unlimitedブラックフライデー3ヶ月99円キャンペーン」もやってます!

3ヶ月もあれば、ドリルもゆっくりじっくり取り組めそうです。

▶︎キンドルアンリミテッドおためし公式ページはこちら

▼今回メインで紹介していた「おりがみで学ぶ図形パズル」


▼図形問題も遊びながら学べる通信教育 www.tensai-banzai.com

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ