うちの子、天才かもしれん。

幼児教育と育児日記のブログ。小1と0歳児の男の子2人の英語子育て、通信教育、タブレット学習、絵本、ピアノなど。

スポンサーリンク

おうち英語を挫折しかけの我が家で唯一実践できている英語学習

「英語動画見せたいけど日本のアニメをみたがる」
「英語絵本読み聞かせしたいけど、日本語の本しか読みたがらない」
「英語CD聞き流ししたいけど、とめてって言われる」
「アルファベット練習とかもしたがらない」

などなど、これ全部我が家の状況なんですけど、似てる方いらっしゃいます?

赤ちゃんの頃からおうち英語を頑張ってきて、小1の今頃、簡単な英会話とかできて、英語絵本の自力読みとかできて、英検○級とか取得してるはずだったのに、全然そんなことないんですけど…。

でも、そんな少々長い英語イヤイヤ期の最中にいる長男小1(6歳)が、現在継続的にほぼ唯一できている家庭での英語学習があります。

「親の期待とはウラハラに子供にやる気なし。どうしよう?」って方のために、今回はその内容を紹介したいと思います。

その英語教材とは、

タブレット教材スマイルゼミの英語です!

スマイルゼミの英語の画面
スマイルゼミの英語

スマイルゼミ英語の概要

スマイルゼミはオプションで追加しなくても小学1年生からでも英語が標準科目として入っています。ですが、標準科目の内容は少ないです。

英語に力を入れたい場合は、それとは別に「英語プレミアム」のコースをオプションでつけることができます。

HOPコース、STEPコースに分かれていて、それぞれ2年間。

親の助けなしに子供だけで学習できます。

長男は現在小学1年生で英語プレミアムHOPコースの最初の部分をしていますが、主に単語を覚えることを中心にしています。

イラストを見ながら英単語を聞いたりクイズできちんと理解できているかどうかを確かめます。アルファベットの書き練習はありません。

STEPコースの方はまだ体験していないのでですが、会話の文章になったり、読み書きや、フォニックスも学習できるようです。

スマイルゼミの英語のメリット

英語学習の習慣がつく

スマイルゼミの英語
英語音声にあったものを選ぶ

carの音声と共にイラストと文字が出てくる
音声と文字が出てくる

英語学習だけに取り組むためのアプリではなくて、他の国語や算数などの教科と同時に英語もミッションとして出てきます。

なので英語に取り組もうと思わなくても、自然と学習内容に英語も一緒に出てくるので無理なく習慣的に取り組むことができます。

オプション料金が安い

標準で入っている英語の教科は量がとても少ないので、英語学習という観点では足りません。

ですので英語プレミアムをオプションとして付けるのですが、それの料金が月額680円(税抜)~となっていてかなり安いです。

「英語プレミアム」の方は内容もしっかりあります。

価格以上の内容に感じます。

繰り返し練習で英単語が定着する

タブレットと英語学習の組み合わせの相性は最高です。

フルカラーでイラストもついているし、音声もCDなど別のものを再生しなくても英語音声を聞くこともできるし、ゲームのような要素を入れて遊び感覚で取り組めます。

最後のまとめ学習は毎回違う順番で問題が出てきて覚えるまで何度でも取り組むことができます。

なんとなく分かっているよう気になっている単語もクイズ形式で正解、不正解が出るのできちんと覚えるまで繰り返し練習できます。

ゲーム感覚で英単語を覚えられるスマイルゼミ
ゲーム感覚で英単語を覚えられる

スマイルゼミの英語デメリット

学習進度をカスタマイズできない(配信量が決まっている)

1ヶ月で配信される量が決まっているので知っている単語ばかりだったとしても一ヶ月はそれで我慢しないといけないです。

ちなみに小学1年生の標準英語のほうは4月から8月まで今していますが、単語自体はうちの子供は既に知っているものが多かったです。
(果物、動物、数字など)

子供の能力に合わせてどんどん進んで行けたらもっとよかったのになと思います。

オプションのHOPコースが簡単すぎると思った場合、STEPコースに変更もできますがそうなるとHOPコースの残り部分は全く勉強しないままSTEPコースに入ることになりその調整具合が難しいと思います。

英会話スクールや家庭学習などですでに英語をある程度わかっているお子さんの場合、そういうダブつきが発生すると思います。

単独受講ができない

スマイルゼミの英語プレミアムは、全教科の入ったメインコースのオプションなので、英語だけの受講はできません。

全教科入っての受講料としてはスマイルゼミはお値打ちだと思いますが、英語オプションや保障サービスやら色々つけていると、それなりに受講料がかかってきます。

「国語や算数はこれから塾に行くからもう必要ないけれど英語コースだけ続けたい」というような希望を持つ人もいると思うのですが、そういいう時に調整がききにくいです。

メリット兼デメリット:スマイルゼミ英語

問題の指示が日本語

スマイルゼミの英語は指示などは日本語になっている画面
英語教科でも指示などは日本語

スマイルゼミの英語は質問などは日本語で書かれています。(小1現在)

これはメリットともデメリットとも言える部分です。

英語学習時は、英語脳で進めるため質問なども含め全て英語で進める「オールイングリッシュ」式がいいという説もあります。
ですが、初めての英語学習で指示の文章まで英語だと分からなくて嫌になる子供もいると思います。(デメリット)

なので、質問が日本語だと英語初心者の子供が「何をしたらいいのかわからない」というようなことが起こらないので、子供だけでタブレット学習をするには日本語で指示の文章が書かれているのは、メリットとも言えます。

初めてスマイルゼミで英語を学習する子でも問題なく進められるように工夫されています。

「まずは英単語の学習がある程度できるようになったら、簡単な挨拶から文章の学習を始める」というような日本的な英語の教え方だとは思いました。

【まとめ】スマイルゼミ英語プレミアム

スマイルゼミの英語を絶賛してきましたが、英語プレミアムのHOPコース受講中の現時点で思うことは、

スマイルゼミの英語だけで英語が話せるようにはならないだろうな

ということです。

もしもお子さん自身がすごくやる気があるのであれば小学校低学年などの吸収力の良い時にスマイルゼミの英語だけをやっているというのはもったいないです。

読み書きも始めたり、オンライン英会話等でどんどん実際の英会話をしたりすることでより実践的な力をつけていけるだろうと思います。

【関連記事】

www.tensai-banzai.com

でも、うちみたいに本人が英語に対して特にやる気がない場合などは、やる気がなくてもミッションクリアしていくうちにちゃんと知識を積み重ねていけるのでいいです。

もう少し子供が大きくなって
「英語を勉強したい。話せるようになりたい。」
という気持ちを持った時に英単語の基本知識はあるので入って行きやすいはず。

赤ちゃんの時から家庭で英語の取り組みをいろいろしてきた我が家ですが、本人の意思が出てきてからはなかなか本人が英語を嫌がることなども多くて、英語学習を何年も続けていくことの難しさを感じていました。

国語や算数などの学習をメインに考えてスマイルゼミを始め、どうせ英語も付いているならオプションもつけてみようと気軽な気持ちでスタートしました。

ですがここ1年くらい大して英語の取り組みをできていなかった長男が、小学1年生の今、習慣的に続けられている英語学習はこのスマイルゼミの英語のみになっています。

基本的に子供が1人でタブレットで取り組むので親の負担もないですし、ゆっくりながらも毎月着実に英単語の知識が積み重なっていっているのを感じています。

スマイルゼミに資料請求をすると月ごとにどんな単語を覚えるのか等も詳しく書かれたカリキュラムの一覧を冊子でもらえるので、それで中身を確認してみるといいと思います。

冊子 HOPのカリキュラム
冊子 HOPのカリキュラム

冊子 STEPのカリキュラム
冊子 STEPのカリキュラム

途中でSTEPコースに切り替えるかもしれないので、その内容の確認にも使っています。

スマイルゼミの体験申し込みでタブレットを送付してもらう時にはついてこなかったので、資料請求をしたときにだけこのカリキュラムの冊子はもらえるようです。

気になる方は資料請求してみてくださいね。

▼スマイルゼミ【小学生コース】公式ページ▼

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ